日経メディカルのロゴ画像

呼吸器感染症(2)
4日以上解熱しないかぜへの抗菌薬処方は妥当?

2015/01/06

●質問  かぜ症候群はウイルス感染により生じることから、抗菌薬の投与は必要ないといわれています。しかし、典型的なかぜ症候群と思われる場合でも、なかなか解熱しない症例をまれに経験します。このような場合、私は、インフルエンザ菌b型(Hib)肺炎球菌のワクチン接種歴、胸部X線、検尿、鼓膜所見などを確認し、特に所見がないことを確認した上で、発熱4日目ごろを目安に細菌感染の合併を疑い、抗菌薬を処方しています。このようなやり方について、専門の先生方のご意見をお聞かせください。(小児科、感染症科、呼吸器内科) ※小児呼吸器感染症に関するFAQ一覧はこちら

連載の紹介

MedPeer症例相談
医師向けコミュニティーサイトMedPeer(メドピア)における人気コンテンツ「症例相談(Meet the Experts)」から、興味深いQ&Aをピックアップして紹介します。症例相談とは、会員医師の質問に、各分野のエキスパートが回答するもの。教科書を読んでも解決しない臨床現場での疑問に対して、経験・知識ともに豊富なエキスパートが対応します。

この記事を読んでいる人におすすめ