日経メディカルのロゴ画像

子連れ学会発表“成功”の秘訣はシッター同伴

2016/06/23
原田 文子

 こんにちは、原田文子です。今日はライフワークバランスについて考えてみようと思います。私には、今、5歳と4歳の娘、2歳の息子の3人の子どもがいます。平日は、9~17時の勤務で残業や呼び出しはない環境なのですが、どうしても仕事中心。子ども達にはさびしい思いをさせていると感じています。ですので、仕事が休みの日(土、日、祝日)は家族との時間を大切に過ごそうと決めており、よっぽどのことがない限りパソコンも開きません。

 子ども達は週末が近づくとカレンダーを見て「もうすぐ青い日(土曜日)と赤い日(日曜日・祝日)だね。ママとずっと一緒にいられる日」と嬉しそうに笑顔をこぼします。仕事も大事だけど、私にとってもっと大事なのはこの子たちの笑顔なのです。ですので、休みの日は子ども達と可能な限り一緒に過ごし、思い切り遊んでいます。また、娘たちは母親の真似事が大好きなお年頃。髪をすかしたり、リップを引いたりとお洒落も楽しいようで、お揃いの恰好をしてお出掛けすることも。(女の子ママでしたらこれ分かってもらえますよね?)

 そんな中、週末に仕事関係の予定が入ることがあります。学会発表や最近は講演を依頼されることも。数年前でしたら、主人や義母に子ども達をお願いし「仕事に行ってくるから、お家で待っていてね」で出掛けられましたが、物心ついた娘たちにはそれが難しくなりました。「私も行く。だって今日はママとずっと一緒にいる日じゃない。約束でしょ?」と言われると、返す言葉に困ってしまいます。私だって子ども達と一緒にいたいし、でも、仕事も大事。学会発表も一年の仕事の集大成であり、最新の情報収集の場と考えているのでおろそかにできません。

著者プロフィール

はらだ あやこ氏◎2000年帝京大学医学部卒。大阪大学第1内科(現、内分泌・代謝内科)入局後、同大附属病院などを経て、同大大学院で博士号取得。現在、群馬県内で複数の病院に勤務しながら、開業準備中。社会福祉士の夫と3人の子ども(5歳、4歳、2歳)と義母の6人暮らし。糖尿病専門医。

連載の紹介

原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」
子育てをしながら働く現役女性医師が、恋愛や婚活、結婚、キャリア、子育て中の働き方など様々な切り口から、女性医師の生き方について綴ります。

この記事を読んでいる人におすすめ