日経メディカルのロゴ画像

日常診療で咳を診る機会のある医師1036人に聞く Vol.2
「長引く咳」に最初に処方するのは?
「自分で対処できている」医師で目立つ、吸入ステロイドとPPIの処方

 長引く咳を訴える患者に対し、次の受診までに処方する頻度の高い薬剤としては、鎮咳去痰薬が最も多かった(図1)。長引く咳の訴えに「自分で対処できている」と答えた医師(Vol.1参照)に限って見ると、吸入ステロイドも鎮咳去痰薬と並んで多かった。一方、「まあまあ対処できている」「専門医に紹介することが多い」と答えた医師では、吸入ステロイドの使用頻度は低かった。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ