日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019)
初のPCI・CABG併記の血行再建GLが発表
クラスIIb/IIIの症例ではハートチームアプローチを推奨

倉敷中央病院の門田一繁氏

 第83回日本循環器学会学術集会(3月29~31日、開催地:横浜市)の開催に合わせて、「安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)」が発表され、3月29日にガイドライン合同研究班員の門田一繁氏(倉敷中央病院循環器内科)と荒井裕国氏(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科心臓血管外科学)が記者会見を行った。冠動脈疾患の治療法として、経皮的冠動脈インターベンションPCI)と冠動脈バイパス術CABG)を併記した初めてのガイドラインとなる。

 冠動脈血行再建術の治療法や術式選択については、2000年に「冠動脈疾患におけるインターベンション治療の適応ガイドライン(冠動脈バイパス術の適応を含む)――待機的インターベンション――」が発表された。その後、PCIをはじめとする治療法の急速な発展に伴い、同ガイドラインの改訂が検討された際には、各治療法については各論として個別のガイドラインで詳説する方針となり、PCIについては「安定冠動脈疾患における待機的PCIのガイドライン(2011年改訂版)」、CABGについては「虚血性心疾患に対するバイパスグラフトと手術術式の選択ガイドライン(2011年改訂版)」と使い分けられてきた。

 2019年3月29日に発行された「安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)」は、PCIとCABGの併記を基本方針とした新たなガイドライン。日本循環器学会、日本心臓血管外科学会をはじめとする7学会が合同研究班に参加し、班長は中村正人氏(東邦大学大学院医学系研究科循環器内科学)と夜久均氏(京都府立大学大学院医学研究科心臓血管外科学)が務めた。

 会見で門田氏は、PCIとCABGを併記した病型分類と治療法選択の推奨の表(表1)を示し、「今回最も大きく変わった、肝となる改訂箇所だ」と強調した。原則として推奨はエビデンスに基づき定められるが、エビデンスが十分でない項目については、実臨床を踏まえた意見の収束から個別の推奨を行う「適切性基準(AUC)」の概念を導入している。

この記事を読んでいる人におすすめ