日経メディカルのロゴ画像

フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予
麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ

 日本麻酔科学会は、2019年度から開始する麻酔科専門医の更新について、要件に「申請時点で単一の医育機関病院や病院施設に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していること」という項目を追加した。7月10日付けで「専門医機構認定 麻酔科専門医更新要件追加 単一施設週3日勤務について」という通知を学会員向けに出した。

 要件となる「麻酔科関連業務」とは、(1)周術期における麻酔管理、(2)疼痛管理 、(3)集中治療部、救急施設などにおける重症患者の管理――に関する臨床または研究のこと。勤務する施設の規模は問わず、診療所での勤務も認める。また、条件を満たさない医師を考慮し、2021年まで移行措置を設ける。

 日経メディカルの取材に対し、理事長の稲田英一氏は「質の高いチーム医療を行うためには、多診療領域医師や他職種との良好なコミュニケーションは必須。専門医には、高度な医療を行うだけでなく、後進を教育するという役割もある。そのためには単一施設において、密度の高い勤務を行う必要がある」と要件を追加した狙いについて回答した。なお、日本麻酔科学会は追加要件に関するQA集を近日中に示す方針だ。

この記事を読んでいる人におすすめ