日経メディカルのロゴ画像

一問一答◎広島高裁松江支部での控訴審判決
「名誉回復できたよと息子に言ってやりたい」
自殺した勤務医の両親と弁護団が会見

 元上司2人によるパワーハラスメントと長時間労働が原因で、男性勤務医のA氏(享年34歳)がうつ病を発症し自殺に至ったとして、A氏の両親が元上司2人と勤務先の公立八鹿病院(兵庫県養父市)に約1.7億円の損害賠償を求めた裁判の控訴審判決が3月18日、広島高裁松江支部で行われた。

 昨年5月の一審判決(関連記事)では、医師であるA氏がうつ病を防げないことなどを理由に損害額の2割が「過失相殺」として減額されていたが、控訴審判決ではこれを不当と判断し、被告側に2000万円の追加支払いを命じた。

 一方で、被告人である上司2人には、地方公務員であることから国家賠償法を適用し、損害額の個人請求を認めないとする判決を下した(関連記事)。

 判決後に行われた原告側会見の一問一答は次の通り。


――控訴審判決が出ました。一言お願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ