日経メディカルのロゴ画像

 来る3月は、「自殺対策強化月間」だ。1年で自殺者数が最も多い3月に、内閣府が先導して全国各地で様々な自殺防止に向けたキャンペーンを行う。昨年のキャンペーンでは、女性アイドルグループの「AKB48」をもじった「あなたもGKB47宣言!」というキャッチフレーズが打ち出されたが、不謹慎との批判を浴びてすぐに撤回した騒動をご記憶の方も多いだろう。

 この国の自殺対策を調べていたら、思いのほか充実していて驚いた。まず、政府の自殺対策の指針である「自殺総合対策大綱」を読むと、自殺の多くは「防ぐことができる社会的な問題」とみなされていた。個々人の問題だと突き放していないところが心強い。

 そして、「死んでしまおうか」と悩んでいる人に直接届く支援に力を入れている。例えば、「ゲートキーパー」養成事業。ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気付いて、声を掛け、話を聞いて、必要な支援につなげて見守る人のことをいう。医療関係者だけでなく、すべての人々がゲートキーパーの候補。ゲートキーパーを増やすことで、悩んでいる人が必要とするサポートにつながるケースを増やしていこう、という試みだ。ちなみに、昨年批判を浴びたキャッチフレーズのGKB(Gate Keeper Basic)47は、ゲートキーパーを47都道府県に広げよう、という意味を込めていたそうだ。

 国の自殺対策を推進するのは内閣府。内閣府の自殺対策サイトには、ゲートキーパーとして悩む人にどう対応するとよいか、「悪い例」「良い例」に分けて、ロールプレイの形で説明した動画を見ることができる。「一般編」「専門家編」「被災地対応編」の3パターンがあり、「専門家編」には医師がゲートキーパーとして、心の不調を抱える患者にどう振舞うべきかを説明したロールプレイもある。

この記事を読んでいる人におすすめ