DI Onlineのロゴ画像

アインが初の学会活動報告会を開催
将来的には社外で発表の“登竜門”に

アイングループとして初めての学会活動報告会となった第1回アインイノベーティブカンファレンス。全国から約550人の社員が集った。

 アインホールディングス(HD、札幌市白石区)は、2019年9月1日、グループとして初めてとなる学会活動報告会(AIN イノベーティブカンファレンス)を東京都内で開催した。

 開会に当たり登壇した、アインHD常務取締役でアインファーマシーズ(札幌市白石区)代表取締役社長の大石美也氏は、薬局の現場で日々患者に向き合っていく中で、探究心を持ち、湧き上がってくる疑問を深堀りしていくことや、経験した症例をエビデンスのあるものに昇華させていくことの重要性を強調した。

 自身も、研究活動に熱心だった同僚から刺激を受けて、学会発表に挑戦した経験を振り返り、163枚の服薬情報提供文書(トレーシングレポート)の分析手法を模索する中で得られた達成感を語った。

この記事を読んでいる人におすすめ