日経メディカルのロゴ画像

「心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト」がスタート

2014/05/29
循環器プレミアム

 日本脳卒中協会とバイエル薬品株式会社が進める共同事業「心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト」がスタートした。5月28日には、活動の第一歩となる心房細動による脳卒中を予防するための地域一体的な取り組みを提案する提言書を発表した。

 「心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト」(TASK-AF:Take Action for StroKe prevention in Atrial Fibrillation)は、日本の心房細動患者の脳卒中予防に関する現状を把握し、その課題を明らかにし、行政や保険者、医療提供者らによる一体的な取り組みを促進していくことを目指している。

 公表された提言書「脳卒中予防への提言―心原性脳塞栓症の制圧を目指すために―」は、わが国の脳卒中の現状、心源性脳塞栓症予防の重要性、心房細動の基礎知識、心房細動患者における脳梗塞予防の現状と課題、新たな治療選択肢の各章からなり、最後に行政や保険者、医療提供者らによる一体的な取り組みに対する「提言」をまとめている。

 提言は、心房細動患者における診断や治療の流れに沿う形でまとめられている(図1)。例えば「提言1」は心房細動の早期発見に焦点を当てており、(1)特定健康診断・後期高齢者健康診断での心電図検査の推進、(2)日常診療における心房細動のスクリーニングの促進、(3)心房細動の早期発見のための地域連携の推進などのテーマごとに、具体的な対策を求めている。

 プロジェクトでは、今回の提言を基軸にし、今後、提言内容の一部をモデル事業として実施し、その効果を評価しながら、普及へつなげていく方針だ。

この記事を読んでいる人におすすめ