日経メディカルのロゴ画像

「札束積んで医師を引き抜く」は誤解です

2015/02/25
武元康明(半蔵門パートナーズ)

 みなさん初めまして。エグゼクティブ・サーチ、いわゆるヘッドハンティングを社業とするサーチファーム・ジャパン(東京都千代田区)、半蔵門パートナーズの代表を務める武元康明と申します。社長とはいえ、私も一コンサルタントとして国内を駆け回っています。

 このコラムでは、医師のヘッドハンティングを依頼される病院の側の事情や、私たちが声を掛けさせていただく医師の特徴、ご依頼からマッチング、成約までのプロセスなどを、事例を交えながらご紹介できればと思います。

 まずは会社について少し紹介させてください。サーチファーム・ジャパンは、2003年に大手総合商社系の会社から営業権譲渡により分離独立した会社です。当初は経済界を専門に、製造業、小売業・サービス業、情報通信業などでエグゼクティブ・サーチ業を行ってきたのですが、2008年に医療業界に本格参入し、半蔵門パートナーズという会社を設立。今では医療が主たる領域の1つになるまで成長しています。

 ヘッドハンティングというと、高額の収入をちらつかせて優秀な人材を引き抜くというイメージがあるかもしれません。しかし私たちの会社は、高額報酬で医師を勧誘する「引き抜き」ではなく、優秀な人材とそうした人材を求める法人との「最適な出会い」の提案を目指しています。

 ヘッドハンティングという言葉から想像される業務とは一線を画す意味で、欧米で一般的に使用されている「エグゼクティブ・サーチ」という言葉を弊社では使っています。ただ、まだ市民権を得ていないので、ここでは便宜上ヘッドハンティングという言葉を使うことにします。

著者プロフィール

武元康明(半蔵門パートナーズ株式会社代表取締役)●1968年生まれ。航空業界を経て大手商社系の人材ビジネスに携わり2003年、サーチファーム・ジャパン(株)設立に参加、07年社長就任、17年1〜3月会長。企業トップや医師のスカウトに特化した半蔵門パートナーズ(株)代表を務める。

連載の紹介

医師ヘッドハンティングの舞台裏
事業者が求める人材をピンポイントで“発掘”するエグゼクティブ・サーチ(ヘッドハンティング)。本連載では医師のエグゼクティブ・サーチを手掛ける企業のトップが、採用側の病院の事情や声を掛けられる医師の条件、交渉の進め方などスカウト活動の舞台裏を明らかにします。
忙しい先生の代わりに開業に必要なアレコレ集めました
『日経メディカル開業サポート』オープン!

「開業したいけど、何から手を付ければいい?」
「テナントではどんな物件があるの?」
「先輩開業医の経験談を聞きたい」今までこう思った経験はありませんか?
『日経メディカル開業サポート』では、開業までのスケジュールをセルフチェックできる「開業ToDoリスト」や、先輩開業医によるコラム、医師の開業意識調査結果など、これから開業される先生へ有益な情報満載でお届けしています。
また、物件探しや医療機器導入、会計・税務等、開業に関して適切なタイミングで適切なサポートを受けられる企業を厳選してご紹介しています。ご利用はすべて無料ですので、まずは一度サイトをご覧ください!

この記事を読んでいる人におすすめ