Cadetto.jpのロゴ画像

臨床研修プラクティス:病院当直でこんな症状を訴えられたら

腰、背中が痛い

2014/11/06
八田和大(天理よろづ相談所病院総合内科)

 ※この記事は「臨床研修プラクティス」(文光堂)2008年6月号の特集を転載したものです。

 腰背部痛の原因には整形外科的疾患が多い。腰痛は人間が直立歩行をして以来、宿命として訴える症状で、誰もが1度は経験する症状。ただし、神経疾患、悪性疾患の椎体転移、感染症やその他の炎症性疾患の可能性もある。また、解離性大動脈瘤、腎梗塞などの血管病変、内科(消化性潰瘍、急性膵炎)、泌尿器科(尿路結石症、腎梗塞)、婦人科(子宮内膜症)などの場合もあり、注意が必要である。

1.どのような病態・疾患を考えるか?

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ