Cadetto.jpのロゴ画像

整形外科Q&Aシリーズ《25》
上腕骨骨折後に可動域が制限…いずれ回復する?

2021/01/18
AntaaQA
上腕骨骨折後に可動域が制限…いずれ回復する?の画像

<総合診療医>

いつもお世話になっております。
海外の病院に勤務しており、そこに来院した5歳女児、転倒による上腕骨骨折の症例です。

最初の2枚が受傷時のX線写真です。関節部位だったため、自分で処置せず近隣の病院の整形外科に紹介し、ギプス固定をしました。
次の2枚が1カ月半後のギプス除去時に、紹介先で撮影されたものです。痛みはありませんが、肘関節が拘縮しており、伸展に問題はないものの屈曲が90度までしかできない状態です。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ