Cadetto.jpのロゴ画像

泌尿器科Q&Aシリーズ《15》
膀胱タンポナーデを繰り返す高齢者、対策は?

2020/12/25
AntaaQA
膀胱タンポナーデを繰り返す高齢者、対策は?の画像

<泌尿器科医A>

89歳男性、出血性膀胱炎の疑い。膀胱タンポナーデの診断で入退院を繰り返している人です。

血尿の精査で行った膀胱鏡および造影CT検査では腫瘍を疑う明らかな所見はなく、尿管鏡検査でも有意な所見がないような状態です。膀胱鏡では粘膜の発赤があったので、除外診断で出血性膀胱炎に伴う膀胱タンポナーデと診断し、膀胱灌流を実施しました。翌日には血尿がスケール0-1まで改善して尿道カテーテルを抜去、退院しました。

ただ、1~2カ月すると再び膀胱タンポナーデを来して同様の経過をたどってしまいます。今後、止血をするにはどんな策があるのでしょうか。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ