Cadetto.jpのロゴ画像

糖尿病・内分泌Q&Aシリーズ《15》
結核の薬物治療で甲状腺機能が低下したら…

2020/10/30
AntaaQA
結核の薬物治療で甲状腺機能が低下したら…の画像

<呼吸器内科医>

耐性結核の再燃で加療中の患者さんの甲状腺機能低下についてです。

RFP(リファンピシン)+PZA(ピラジナミド)+TH(エチオナミド)+CS(サイクロセリン)+PAS(パラアミノサリチル酸)で治療をしていたのですが、主にPASとTHで甲状腺機能低下を生じているようで、外来フォロー中に両下腿浮腫を訴え、外来受診されました。

レボチロキシンを補充することによって、粘液水腫はどれくらいの期間で回復するのでしょうか?

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ