Cadetto.jpのロゴ画像

糖尿病・内分泌Q&Aシリーズ《2》
血糖491のDKA疑い患者が夕方5時に来院したら

2019/11/08
AntaaQA

Question

<その他の診療科医>
外勤先の内科クリニックでの、高血糖のマネジメントについて質問させて下さい。

1週間程度の経過でなんとなくだるいという症状が続いており、他院では感冒として処方されていた患者が、口の中がネバネバするという主訴で来院しました。
意識は清明で、身体診察上は特記所見なし。
頻尿はないか問診したところ、頻尿はあるとのことで、最近は飲み会が多いから尿が多いものだと思っていたとのことでした。
血糖測定と尿検査施行したところ、やはりDx491、尿糖(3+)と著明な高血糖をみとめました。
採血の詳細は外注なので翌日までははっきりせず、DKAなどを疑いインスリンの持続静注をしながらKをモニターする、というようなことをできそうな環境ではありません。
こういった意識障害を伴わない高血糖と、クリニックの17時ごろという他院への紹介が微妙な時間帯に遭遇した場合、どういったマネジメントが適切なのでしょうか。
臨床症状に関わらず、リスク管理の観点から救急外来への受診がやはり鉄則なのでしょうか。

著者プロフィール

Antaa●あんたー。「つながる力で医療を支える」を合言葉に、医師による医師のための活動をしています。主に、医師同士のQAアプリ「AntaaQA」や医療者のためのスライド共有「AntaaSlide」を運営しています。

連載の紹介

AntaaQAピックアップ
「ガイドラインはこうだけど実際は?」「添付文書の副作用のうち、臨床で重要なものは?」――。医師の「知りたい」の解決を目指すAntaa。医師同士のQAアプリ「AntaaQA」の内容をご紹介します

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ