運動器の慢性疼痛治療では、治療のゴールを痛みの完全な消失ではなく、日常生活動作(ADL)および生活の質(QOL)の改善に置くようになってきた。最近では薬物療法に運動療法や認知行動療法を適宜組み合わせ、機能改善を図るような戦略が重要視されている。

運動器慢性疼痛治療のストラテジーの画像

ログインして全文を読む