日本整形外科学会はこのほど、がんロコモ対策を打ち出した。中でも緊急性が高く患者数も多いのが、骨転移患者への対応だ。忙しい日常診療の中でがん患者の運動器管理をどのように始めればよいのだろうか。先行事例を紹介し、他科とのスムーズな連携のコツを探る。

始めよう、がんロコモ対策の画像

ログインして全文を読む