骨軟部腫瘍を専門とする河野氏は、以前から他診療科と連携し、がん患者の運動器管理に積極的に取り組んできた。2017年のがんロコモワーキンググループ立ち上げに尽力した同氏に、がん診療において整形外科医が果たすべき役割について熱く語っていただいた。

がん患者の運動器管理はQOLを大きく向上させるの画像

ログインして全文を読む