糖尿病患者の高齢化が進むにつれ、治療においては血糖値の改善、低血糖の回避に加えて、単なる減量ではなく適正体重の維持が予後の改善に重要となってきた。摂取カロリー重視の“量”の食事療法は過去のものとなり、インスリンの分泌メカニズムを利用する食べる“順番”、時計遺伝子の作用を有効に使う食べる“タイミング”を重視する新たな食事療法が注目されている。

筋肉を作る蛋白質から食べてインスリンの分泌を促すの画像

ログインして全文を読む