日経メディカルのロゴ画像

Unmet Medical Needs 2017 秋

State of the arts◆末梢性T細胞リンパ腫
再発・難治性PTCLに対する治療薬3製剤が登場
国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科 丸山 大氏

2017/10/23

 末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)では、初回治療から再発治療に至るまでアンメットメディカルニーズが存在する──。国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科の丸山大氏はこう指摘する。

 PTCLの初回治療ではCHOP療法を行い、寛解に至ればそのまま経過観察するのが一般的だ。しかし、これは標準治療として確立されたものではない。PTCLは複数の病型に分けられるが、それぞれの患者の発生頻度が少なく、各病型を対象とした臨床試験の実施が難しいことに加え、同じ病型でも病態が異なることが、標準治療の確立を著しく妨げている。

この記事を読んでいる人におすすめ