進行胃癌では、ようやく全生存期間(OS)延長効果を示す分子標的薬が登場したが、治療ラインはまだ限定的だ。既存の分子標的薬2剤の投与法の拡充、新規分子標的薬の開発、免疫チェックポイント阻害薬の開発などによる、OSの延長効果に期待が集まっている。

薬物療法の生存期間延長が視野にの画像

ログインして全文を読む