日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

デング熱国内感染疑い例で浮かぶ蚊対策の盲点
神社仏閣で媒介蚊を根絶することは「不可能」が36%

2019/10/25
勝田 吉彰(関西福祉大学)

 令和の最初の年が当たり年になったことは数々あるが、「デング熱」もその1つに挙げられるだろう。アジアを含め世界中で大流行しており、非常事態宣言が発令された国もある。日本でも、京都・奈良で感染したと考えられる修学旅行生の2例が報告されたばかり(関連記事)。9月に沖縄県で国内感染疑い例が報告(関連記事)されており、これで3例目となった。修学旅行生の感染経緯と、神社仏閣における蚊の対策への支援について述べたい。

この記事を読んでいる人におすすめ