コンゴ民主共和国で過去最悪の流行となっているエボラウイルス病(エボラ出血熱)について、国立感染症研究所は7月24日、現時点でのリスクアセスメントを発表しました。

エボラ国内発生リスク、「高まってはいない」の画像

ログインして全文を読む