風疹の流行が止まらない。10月21日までの1週間(第42週)に報告された風疹患者は174人で、7週連続の100人超の増加となった。期日遅れの報告を加えると累計で1486人となり、このままのペースで増加すれば2012年の2353人を超える可能性も出てきた。地域的な広がりも見られ、大阪府や福岡県、愛知県や兵庫県など首都圏以外からの報告も目立っている。

風疹の流行続く、7週連続で100人超の新規患者の画像

ログインして全文を読む