名古屋市は9月27日、市内で麻疹患者が確認されたと発表した。患者はタイへの渡航歴があり、疫学調査の結果、9月15日に麻疹と確定した静岡市内の患者と同じタイ国際航空644便に搭乗していたことが明らかになった。発端となった静岡市の患者は不特定多数と接触した可能性があり、市や中部国際空港はウェブサイトなどを通じて注意喚起を行っている。

名古屋市で麻疹患者、静岡市の患者と帰国便で接触かの画像

ログインして全文を読む