日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

鶏で高病原性鳥インフルエンザ、9万羽殺処分へ
家禽肉・卵の摂取によるウイルス感染例はない

 香川県は1月11日、県内の農場で高病原性鳥インフルエンザの疑似家畜が確認されたと発表した。感染が疑われた鶏の検体の遺伝子検査でH5亜型ウイルスによる感染が判明、同県は直ちに防疫措置に着手した。11日深夜から殺処分を開始し、12日6時現在、対象となる鶏9万1000羽のうち7000羽の殺処分が終わっている。

 同県によると、1月10日朝、さぬき市内の農場管理者から東部家畜保健衛生所に、死亡した鶏が増加しているとの連絡があった。同日、東部家畜保健衛生所が立ち入り検査を行ったところ、簡易検査で11羽中3羽で陽性となった。同時に遺伝子検査を実施し農林水産省と協議したが判定保留となり、1月11日に再度、遺伝子検査を行った結果、H5亜型に特異的な遺伝子が検出され高病原性鳥インフルエンザの疑似家畜と判定された。

 これを受け同県は、香川県鳥インフルエンザ対策本部会議で決定した対応方針に基づき初動防疫に着手。死亡鶏が確認された農場と疫学的に関連する農場(系列農場)の計9万1000羽の鶏の殺処分に加え、移動制限区域の設定など防疫措置を開始した。また、移動制限区域内の農場を対象に発生状況確認のための検査を開始し、感染拡大防止のため発生農場周辺の消毒を強化、主要道に消毒ポイントを設置するなど畜産関係車両の消毒を実施している。

この記事を読んでいる人におすすめ