日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

「トランプ大統領」でジカ熱対策は大丈夫か?
他国のための軍事費削減発言、途上国の新興感染症はどうなる?

2016/11/11
勝田吉彰(関西福祉大学)
「トランプ大統領」でジカ熱対策は大丈夫か?の画像

 ドナルド・トランプ氏が第45代米国大統領に――。この事象が今後の渡航医学にどうかかわってくるのだろうか? 例えばジカウイルス感染症(ジカ熱)で浮かんでくるのは、「無関心」「丸投げ」といった態度だ。また、他国のために自国の軍事費を使いたくないとの発言は、世界の新興再興感染症対策になくてはならない米軍施設の行く末にも懸念が及ぶ。

この記事を読んでいる人におすすめ