日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

フィリピンに滞在歴、ウイルスは3型
デング出血熱で30歳代女性が死亡

 厚生労働省は7月22日、デング出血熱による死亡例が確認されたと発表した。患者は新潟県在住の30歳代の女性で、フィリピンに滞在歴があり、滞在中に発熱などの症状があったことから、輸入感染例と判断されている。

 新潟県などによると、患者は6月29日から7月15日までフィリピンに滞在。滞在中に腹痛、発熱があり、帰国後の7月16日に、新潟市内の医療機関を受診した。発疹に加え嘔吐や下痢、下血などの症状があった。出血もあり、ショック状態も確認され入院となった。検査の結果、19日にデング熱が重症化して発症するデング出血熱と診断された。

 20日に自治体に届け出があり、新潟県地方衛生研究所で検査を行ったところ、デングウイルス3型陽性が確認された。患者は容体が重篤で、21日に死亡した。厚労省によると、死亡例は2005年以来、11年ぶりとなる。

 新潟県福祉保健部は、帰国後直ちに医療機関を受診していたことに加え、国内で蚊に刺されていないことから、「(国内での)感染拡大の可能性は低い」とコメントしている。

この記事を読んでいる人におすすめ