日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

先天梅毒の増加も懸念、感染研が注意喚起
梅毒の流行が止まらない、1~3月で883人に

 2011年から増加が続く梅毒は、今年に入ってその流行が加速している。国立感染症研究所のまとめによると、1月から3月までに883人の患者報告があり、昨年同期間の440人から倍増した。感染研は先天梅毒の増加も懸念されるとし、「注目すべき感染症」(感染症週報、12週)に取り上げるなど注意喚起を行っている。

 感染症法で5類(全数報告)に指定されている梅毒は、2011年以降、患者の増加が続いている。15年は2698人(16年3月30日時点、暫定値)となり、この10年間の最多記録を更新した。

 流行の勢いは16年に入ってからも衰えず、1月に288人、2月に254人と推移。3月(~4月3日)には341人と月単位ではこの10年で最多を記録した(図1)。1~3月で883人と既に昨年実績の4割近くに上っており、流行拡大への懸念が広がっている。

この記事を読んでいる人におすすめ