日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

30歳代女性がジカ熱に、WHO宣言後2例目

 厚生労働省は3月11日、ブラジルに滞在歴のある30歳代の女性がジカウイルス感染症ジカ熱)に感染していたと発表した。我が国の5例目となる輸入感染例で、2月にWHOが非常事態宣言をして以降は2例目となる。

 患者は愛知県に住む30歳代女性。ブラジルに2週間ほど滞在し2月22日に帰国した。全身の発疹、発熱(38.2℃)、関節痛が表れ、3月10日に医療機関を受診した。

 滞在歴や症状からジカウイルス感染症が疑われ、受診した医療機関から自治体に届け出があり、国立感染症研究所における検査の結果、陽性が確定した。

 患者は発疹、関節痛の症状は残るものの、既に解熱し、状態は安定しているという。現在、自宅療養中。

 厚労省は患者が妊娠しているかどうかについては明らかにしていない。また、国内感染の可能性については、蚊の活動期にないことから、「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と指摘している。

この記事を読んでいる人におすすめ