日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

厚労省、ジカウイルス感染疑い例の要件を発表

2016/02/25
ジカウイルス感染症取材班

 厚生労働省は2月24日、ジカウイルス感染症を疑う症例の要件をまとめ、各都道府県に通知した。

 要件は以下の3項目全てに該当し、かつ他の感染症または他の病因によることが明らかでない場合、ジカウイルスの感染を疑い、ジカウイルス感染症を鑑別診断の対象とする。

(1)発疹または発熱(ほとんどの症例で38.5℃以下)を認める
(2)関節痛、関節炎または結膜炎(非滲出性、充血性)のうち、少なくとも1つ以上の症状を認める
(3)流行地域(表1)の国から出国後2~13日以内に(1)と(2)の症状を呈している

この記事を読んでいる人におすすめ