日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

新たに1人の4次感染例、起点患者は4人に拡大、韓国MERS感染
家族や訪問者、医療従事者ら病人以外の感染者が半数以上

2015/06/16
MERS取材班

 感染拡大が継続している韓国のMERS感染で、新たに1人の4次感染例が確認された。起点となった患者も4人に拡大した。6月16日6時の韓国保健福祉省の集計によると、4人の新規感染者と3人の死亡例が報告された。これで感染者数は死亡19人を含む154人となった(図1)。

 現在治療中の患者は118人で、このうち16人は状態が不安定だという。また、医学的観察が行われている対象者は5586人で、前日より370人増えている。

 新規感染者の4人のうち1人は、118例目の患者(3次感染例)との接触歴があった。これで4次感染例は6人となり、起点となった患者も4人に拡大したことになる。

 なお、118例目の患者(67歳女性、甲状腺機能低下症/高血圧)は、平沢グッドモーニング病院で14例目(2次感染例)の患者と同じ病棟に滞在していた。6月13日に死亡が確認されている。

 残りの新規感染者3人は、サムスンソウル病院の緊急治療室に入った患者の家族らだった。サムスンソウル病院での感染者はこれで75人となり、一連の院内感染の舞台となった医療機関の中で最も多い感染者数となっている。

この記事を読んでいる人におすすめ