日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

救急車の運転手が感染、初の4次感染例か、韓国MERS感染
感染者は死亡14人を含め138人に

 韓国保健福祉省は6月13日朝、新たに12人の感染者が把握されたと発表した。1人は救急車の運転手で、76例目の感染者を救急搬送した際に感染したとみられる。一連の感染例では初めての4次感染例である可能性が高く、韓国のMERS感染拡大は新たな段階に入った。

 76例目の患者は、隔離される前に2つの医療機関の緊急治療室を経由していたことが分かっている。今回感染が確認された救急車の運転手は、6月5日と6日にこの76例目の患者を搬送していた。

この記事を読んでいる人におすすめ