日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

患者は感染国で治療にあたっていた医師
ニューヨークでエボラ出血熱の疑い例

 ニューヨーク州保健局は10月23日、西アフリカから帰国した医師がエボラ出血熱の疑いで検査を受けていることを明らかにした。現在、患者はエボラ出血熱などに対応する専門設備のあるベルヴュー医療センターに移送され、そこで治療を受けているという。感染が確定すれば、米国では2例目の輸入感染例となる。

この記事を読んでいる人におすすめ