日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

日経メディカル特別編集版転載
抗インフル薬の早期治療が世界標準に
神奈川県警友会けいゆう病院小児科、慶應大学医学部客員教授・菅谷憲夫氏に聞く

 2009年に発生した新型インフルエンザ。日本の死亡率が最も低い水準だったことに世界は驚いた。わが国のインフルエンザ診療の第一人者である菅谷氏は、抗インフルエンザ薬による早期治療という日本の治療方針が決め手になったと強調する。


この記事を読んでいる人におすすめ