日経メディカルのロゴ画像

パンデミックに挑む

インドの新型インフルエンザ、1週間の確定患者数が1155人に

 インド政府によると、8月9日から15日の1週間で新たに確認された新型インフルエンザの患者数は1155人となり、うち84人が死亡した。確定患者数は、前週の942人から200人以上の増加となり、感染が拡大している。死者は前週の83人から1人増だった(図1)。

 インドでは、7月半ばまでは1週間の患者数は330~370人の幅で推移していたが、7月19日の週に548人と増加、7月26日の週は629人、さらに8月2日の週は942人と急増、8月9日の週に1000人を超えた。

この記事を読んでいる人におすすめ