日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザ診療
Next

シリーズ◎今冬のインフルエンザで気掛かりなこと(2)
ゾフルーザ処方で症状が長引いた小児例の実際
今冬のインフルエンザ治療でゾフルーザを第一選択薬としない理由

 日経メディカルの調査によると、前シーズンにゾフルーザ処方医師の12%が症状遷延例を経験していた(関連記事)。神奈川県横浜市のさいとう小児科院長の齋藤綾子氏も、経験者の1人だ。症状遷延例でゾフルーザ薬剤耐性マーカーが検出されたことから、齋藤氏は今冬のインフルエンザ治療ではゾフルーザを第一選択薬としない方針だ。


この記事を読んでいる人におすすめ