日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザ診療
Next

2018/19シーズン・インフルエンザ治療レビュー調査(その2)
ゾフルーザ処方医師の12%が症状遷延を経験
「小児への使用は避けるべき」は63.8%が支持

 昨シーズン、ゾフルーザを処方した医師1580人のうち12.0%が,発熱などの症状が遷延した症例を経験していた。また、「小児へのゾフルーザ使用は避けるべき」との意見を6割超が支持していた。インフルエンザ診療Next編集が実施した「2018/19シーズン・インフルエンザ治療レビュー調査」で明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ