日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザ診療
Next

全国的に警報レベルは続く、3月半ばまでは警戒が必要か
インフルエンザ流行がピークアウト
流行ウイルス、AH3亜型の割合が増えAH1pdm09を上回る

 インフルエンザの流行がピークアウトした模様だ。各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告数(速報値)によると、2月3日までの1週間(第5週)に全国の定点医療機関を受診した患者数は、定点当たり43.24人と前週の57.09人から減少した。ただし、依然として全国的に警報レベルを超えており、引き続き感染対策に取り組む必要がある。

 第5週に最も定点当たり報告数が多かったのは埼玉県で、65.68人だった。これに、新潟県(62.51人)、宮城県(58.77人)、千葉県(56.89人)、大分県(52.14人)、石川県(51.73人)と続いている。

 ピークに達してから警報が解除された週(目安である10人を切った週)までの期間は、A/H1N1pdm2009が季節化した2011年以降、5~10週で推移しており、平均で8週だった。この傾向が続いた場合、今シーズンは3月半ばごろ(第11週)まで警報レベルが継続すると推測される。

図1 インフルエンザ流行の動向
(各都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり報告[速報値]をもとに作成)

この記事を読んでいる人におすすめ