インフルエンザの流行拡大に伴い、重症例が急増している。厚生労働省によると、1月6日までの1週間(2019年第1週)に全国約500カ所の基幹定点医療機関から報告された入院患者は1207人と前週の549人から倍増した。インフルエンザ脳症の報告も、2018年第51週までに17例となった。

入院患者倍増、基幹病院報告が1200人超の画像

ログインして全文を読む