インフルエンザの流行が拡大している。各都道府県がまとめている定点当たり報告数(速報値)によると、12月23日までの1週間(第51週)に全国の定点医療機関を受診した患者数は3万9589人で、定点当たり8.05人となり、前週(3.35)から2.4倍と急増した。愛知県や北海道は20人を超えており、6道県が全域で注意報レベルの目安とされる10人を超えた。

インフル流行拡大、定点当たり8.05人と注意報レベルに迫るの画像

ログインして全文を読む