日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザ診療
Next

岩手県、栃木県、富山県、石川県など8県はAH3のみ
流行ウイルス、全国的にはAH1pdm09が47%
ワクチン接種でも施設・院内感染には留意を

 11月26日までの1週間で、全国的に流行期入りしたインフルエンザ。気になるのは流行しているウイルスのタイプだが、国立感染症研究所の集計によると、全国的にはA/H1N1pdm2009が47%と最多だった。ただし、岩手県、栃木県、富山県、石川県など8県はA/H3N2のみで、地域的に流行ウイルスが異なることも明らかになった。

 感染研のインフルエンザウイルス分離・検出速報(2017年12月1日)によると、全国的にはAH1pdm09亜型の検出件数が146件(47%)と多く、AH3亜型が98件(32%)、B型が64件(21%)だった(図1)。B型では山形系統が86%と多く、ビクトリア系統は11%だった。

この記事を読んでいる人におすすめ