日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザ診療
Next

インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る
今週の先行指標が悪化、さらに患者数が増加か

 インフルエンザの流行が全国的に拡大している。国立感染症研究所によると、1月15日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者は定点当たり15.25人となり、前週の10.58人から増加した(図1)。この1週間の新規推定患者数は約99万人で100万人に迫っている。

 都道府県別では、愛知県(24.74人)、岐阜県(21.00人)、埼玉県(20.21人)、千葉県(20.04人)の順に多くなっている。これに福井県(19.50人)、茨城県(18.48人)、静岡県(18.26人)、三重県(17.93人)、山梨県(17.54人)、群馬県(17.36人)、岡山県(17.15人)、宮崎県(17.00人)が続く。44都府県で前週から増加し、3道県で前週から減少した。

 感染研の推計では、この1週間に受診した推計患者数は約99万人だった。前週の約81万人から増加し、今シーズン(2016年第36週以降)の累積推計受診者数は約386万人と400万人に迫っている。

 年齢別では、20歳代が約14万人、30歳代、40歳代、70歳以上がそれぞれ約11万人。5~9歳も約10万人だった。0~4歳、10~14歳、15~19歳、50歳代はそれぞれ約9万人で、60歳代が約7万人となっている。

この記事を読んでいる人におすすめ