日経メディカルのロゴ画像

インフルエンザ診療
Next

【解説】今冬のインフル流行、立ち上がりが早いかも
沖縄県のインフル、例年になく早い立ち上がり、AH3型が先行?

 沖縄県インフルエンザ流行が、例年にない早い立ち上がりを見せている。全県では7週連続で増加し、第40週(~10月9日)には定点当たり6.22人と高水準に達した。地域別には、那覇市で定点当たり11.17人と注意報レベルである10人を超えてしまった。現在の沖縄県の流行から何が読み取れるのか――。

 2009/10年シーズンからの流行曲線を見たのが図1だ。第40週で、県全体では6.22人を超えたが、これは同時期で比べると、過去8シーズンで2番目に高い数字となる。ちなみに全国では、同週時点で0.23人と低いままだ。

 沖縄県で最も高かったのは2009/10年シーズンで、新型インフルエンザが発生した年だった。この時の流行は全国的に夏に始まり、冬にかけて再燃した。新型発生という特殊事情があったことを考慮し、通常シーズンだけでみると、今シーズンは例年にない早い立ち上がりとなる可能性が高い。ちなみに昨シーズンの全国的な流行入りは年が明けてからで、9年ぶりの遅い立ち上がりだった。

この記事を読んでいる人におすすめ