日経メディカルのロゴ画像

循環器・糖尿病診療
のNew Stage

米国心臓病学会学術集会(ACC.17)より
アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価
ワルファリン継続投与より出血リスク8割減、RE-CIRCUIT試験

2017/03/29
荒川博之=医学ライター
アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価の画像

 心房細動アブレーションの周術期に継続して経口抗凝固療法を行う場合、ワルファリンに比べ非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)のダビガトランでは出血のリスクが8割も低かったと、米Johns Hopkins Medical InstitutionsのHugh Calkins氏らが第66回米国心臓病学会学術集会(ACC.17、3月17~19日、開催地:ワシントンDC)で報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ