出血リスクが高い患者の新規冠動脈病変に対する経皮的冠動脈インターベンション治療(PCI)に際し、使用デバイスとして薬剤コーテッドバルーン(DCB)とベアメタルステント(BMS)を比較したところ、DCBの方が優れている可能性が示された。DEBUT試験の結果で、Lancet誌7月20日号に掲載された。

ログインして全文を読む