米国ハーバード大学のグループが、1型糖尿病患者を対象としたスマートフォンアプリの人工膵臓システムを開発。米食品医薬品局(FDA)からinvestigational device exemption(IDE)を受け、パイロット試験として初の臨床評価が行われた。その結果が、Diabetes Technology and Therapeutics誌1月号に掲出された。

ログインして全文を読む