我が国における後向き縦断研究で、糖尿病患者の悪性腫瘍発生率が時間依存性のHbA1c値によって異なるか調べたところ、差は認められなかった。結果はEndocrine Connections誌2018年12月号に掲載された。

ログインして全文を読む