慢性腎臓病(CKD)を合併した2型糖尿病患者に対する、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬リナグリプチンの標準治療への上乗せは、プラセボの上乗せに比べて心血管リスクを上昇させなかった。CARMELINA試験の結果で、2018年10月の欧州糖尿病学会(EASD)で発表され、11月9日にJAMA誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む