2型糖尿病患者を対象に、5つの危険因子と死亡や心血管イベントとの関連を調べたところ、危険因子が全てガイドライン推奨範囲内にある場合は、一般集団と比べ、死亡、急性心筋梗塞、脳卒中に有意なリスク上昇は見られなかった。結果はN Engl J Med誌8月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む